TX500のキャブのパッキン類が手持ちのCB500の物が合いました。

フロートチャンバーの取り付けビスのネジ山がすべてなめて薄いナットを噛ましてたので、


PA300002


ヘリサート加工します。

ボディーの材質が柔らかいので下穴なしでもタップ加工できます。

PA300004


ヘリサート入れて


PA300003


8か所出来ました


PA300005


トップキャップもなめかけてたのでこれもヘリサートいれて



PA300006



キャブは完成です

絶好調になりました。



ハンドルをノーマルに交換しますが、なんと・・・。




PA300007



ギボシがカプラーに代わってます。

こんなんハンドルパイプにとおらんでしょう。

組んだ後から加工したみたい


PA300011


カプラー外してやります


純正ハンドルに通す前に

PA300013


クラッチホルダーを先に取り付けて



PA300014



スイッチの配線通してカプラー取り付けました。


PA300015


アクセルワイヤーの取り回しが違ってます。


フロントフォークをO/Hするのでその時に直します。




CB500の赤のバンジョウボルトを


PA300017


目立たないようにシルバーに塗りました。




今週の日曜日に阿蘇の瀬の本でのミーティングに誘われているのですが

天気が・・・。






1/3が進んでません。


つづく・・・・・。