チェーンアジャストの続きです

2枚のプレートをスイングアームの幅で


001















接着します






002














このまま固まるまで置いときます








こちらは86のスイングアームです

003














キットのモールドを生かして加工しました







004















6角のピンを打ってそれらしくします。











ステアリングダンパーのシャフトが太すぎるので0.8の虫ピンに置き換えます


028














まず、この穴に








029














適当に伸ばしたライナーを差し込み接着します。




固まったらカットして0.8ミリの穴を開けます



シャフトを作ります

031














1.4ミリの銅パイプを適当な長さ違いに数個カットして






032















平たいペンチでプレスします








033














長さの違いで大きさが変わります


一番右が良さそうです





036















1ミリの真鍮パイプをカットして1ミリほど残してプレスし

さっきのパーツと虫ピンを半田付しました


038














余分なとこをカットすればインナーシャフトの完成です





と、思ったらこれではステダン本体に挿せません。


虫ピンだけ外します




039















銅ワッシャーと真鍮パイプが外れないようにアルミのクリップで挟んで








040














半田ゴテを当てて外しました

後でステダン本体に挿して付けます。











つづく・・・・。