カウルのゼッケンを貼って

002















クリヤー吹きました






003















1回目の研ぎ出しです


濃いめのクリヤーを上から吹いて乾燥機に入れておきます。



車体の方はステップを除いて出来ました

ステップは最後にカウルと一緒に取り付けます。

012



















013



















014



















015



















016



















018



















019



















020



















021



















022
















ある程度のディテールアップはしましたがこの辺で止めときます。


後はカウル待ちです。






86’のNSRを仮組してたのですが

スイングアームを先に組んだらホイールとスプロケットが入りません

004















スプロケットの裏側を





008















切り取ります







スイングアームのローター側も



010















削ります






009
















組めました。


この時代のタミヤにかかわらず

ホイル廻りとスイングアームを一緒に組むのはバイク模型には

結構多い様な気がします、スイングアームの合わせ面の処理はどうするのでしょうか。

まあ、これはこれで面白いのですが。











つづく・・・・・。