パパの全力疾走

バイク模型製作を趣味で造りながら日常のことを少し書いています。 仕事がら、1/1をやっているのでついここが違うと手を出してしまいます。 自己満足の世界です。

2015年05月

セミトランジスター点火

自作出来るセミトランジスター点火を作ってみます。

P5140001


パーツを揃えて

P5140002


回路を作っていきます。

CB500Fの2コイルなので2個作ります。


P5140005


ケースに穴を開けて配線取り出し用のグロメットを取り付けておきます。





P5140009


トランジスターはリード線を半田付けして絶縁処理して


P5140004


この状態で



P5140007



ケースの側面に絶縁用に紙テープを貼って放熱用シリコーンで接着して

ビスで固定しました。


P5140006



2系統なので反対側にも取り付けて合計4個です。


P5150012


基盤に半田付けしながら振動防止のラバーを付け固定しました。


P5150011



出来ました。


さて、効果の方は・・・。









つづく・・・・・。

TS400

チューブとリムバンドが入荷したので組み上げました。


P5110004


ガソリンコックを開けてエンジン掛けたらキャブからオーバーフローが止まりません。


キャブを外してみます。


P5110005



結構汚れてます。


P5110006



フロートを外して


P5110007


ニードルバルブを点検してたらフロートの中から、ちゃぷちゃぷ音がします。



P5110008



亀裂が入って穴が開いてました。


P5110009


染み出てます。


オーナーがスペアのキャブ持ってるので車検取るとき直します。




ところで自分のバイクですが。

この前走りに行ったらブレーキランプが付きっぱなしになりました。



P5140013


ステップを踏みかえる時に足首が干渉してスイッチを動かしてました。


P5140015



外してステーを折り曲げます。



マイクロスイッチを買ってきて、


P5140016



ステーを



P5140017



作ります。


これを


P5140010



ここに取り付けてペダルのブレーキスイッチのスプリングの掛かるとこに

スイッチアームを取り付けてPULL作動させます。


P5140018


出来ました。

防水ではないのですが、雨の日は乗らないので・・・。










つづく・・・・・。




TS400

ハスラー400のインナーチューブの再メッキが上がって来ました。

オイルシール類を新品にして


P5070001


組みました。

フォークオイル量が分からなかったので

ネットで調べても出てきませんでした。

メーカーに問い合わせる前に知り合いのスズキの販売店に電話したら

なんと資料を持ってました。


フロントとリヤのスポークを張り替えます。


P5070002



オーナーがバフ掛けしました。


まず、


P5070003


内側のスポークを組んでいきます。


内側を仮止めして、外側のスポークを組んで


P5070004


振れ取りしながらニップルを締めて


P5070005


完成です。



リヤも組んで、

P5080006



出来ました。


タイヤを組もうとしたら

P5080007


フロントチューブが・・・。


P5080008



リヤもエアー入れたら・・・。


先に確認しとけって話です。


チューブとリムバンド注文しました。




つづく・・・・・。

オートポリス結果

全日本選手権オートポリスの結果です。

P4250002


この前エンジンをやったのが左の26番の車輛です。

ウイークを通してトラブルなく走りました。


P4250001



決勝後もカウンターシャフトは大丈夫でした。


結果は・・・。



5位集団をラスト2周まで走っていて

1ヘアでスリップダウン。




再スタートして12位でゴール。

なんとも、悔しいレースでした。



さて次は8耐の準備です。
ギャラリー
  • KR500
  • KR500
  • KR500
  • KR500
  • KR500
  • KR500
記事検索
タグクラウド