パパの全力疾走

バイク模型製作を趣味で造りながら日常のことを少し書いています。 仕事がら、1/1をやっているのでついここが違うと手を出してしまいます。 自己満足の世界です。

2015年03月

オイル漏れ

この前、完成したZ1000R1がオイル漏れしました。



P3250001



ダイナモカバーの配線のグロメットからかと思いスプロケットカバーを

開けてオイルが出ている箇所を確認してみるとグロメットの所ではなく



P3250002



ここからでした

配線の中から染み出してました。


P3250004


加締め直してオイルが出ないように処理して直りました。


本当ならダイナモカバーを開けて中から処理したほうが良かったのですが


取り敢えずこれで様子をみます。







つづく・・・・・。

Oリング

もう一基 CBX400FのO/Hが入りました。

前のエンジンはまだ塗装が上がって来ません。

同じエンジンが二基なのでコンテナケースでしっかり分けておきます。


P3210009


オイルパンを開けると


P3210010


オイルストレーナにこんな物が


P3210011



Oリングです

切れたのが4個


P3210012



シリンダーのスリーブのOリングが


P3210014



入っていません

ピストンは0、5ミリオーバーサイズが入っていたので

ボーリングした時溝にしっかり嵌めなかったのでしょう。


このエンジンも塗装するのでまた暫くかかります。



ところでサンダーの具合がおかしいのでバラシてみると


P3240016




ベアリングが


P3240018



リテーナーが砕けてました。

P3240019


ついでに全部新品に交換します。


P3240017


ブラシも


P3240020


出来ました。

スムーズに回ります。




このところ、ボーリングやら塗装の外注で作業がなかなか進みません。


模型の方も・・・。







つづく・・・・・。




CB500F

CB500Fのハンドルを交換します。

ハリケーンのヨーロピアン3型がほぼノーマルに近い形状なので


P3040019


取り付け用の穴あけ加工をして


ついでにアクセスが少し重いので

P3050025


キャブのリターンスプリングを交換してみます。


P3050029



3種類ホームセンターで買って来ました。


戻りが悪いのも嫌なので一番左のスプリングを


P3050027


下側を

P3050028


カットして使います


ハンドルは少し遠い様な感じですがこれで暫く乗ってみます。


アクセルはいい感じですが、もう1ランク弱いのも試してみるのもいいかも。


またキャブ外すの面倒なので取り敢えずこのまま。




今年は久しぶりに鈴鹿8耐久レースのメカニックを頼まれ

クイックチャージャーのメンテをお願いされました。


P3050020


分解していきます。


給油口のピッチが


P3050021



カワサキ用なので


P3050023


手前のホンダ用の替えます


P3050024



クイックバルブを分解してOリングのチェック。

かなりヘタっているので交換した方が良さそうです。


ちなみにバイクはCBR1000RR SPです。






つづく・・・・・。












XS650SP

XS650SPのエンジン腰上O/Hの依頼です。

エンジン下ろさないとばらせません。

ずらせば腰上ばらせますが下ろした方が早いです。

P3020004


ヘッドカバーから


P3020003


外して行きます。


P3020006


カムが出てきました。


カムスプロケットがカムシャフトから外れないので


P3020007


カムチェーンのかしめジョイントの頭を


P3020008


カットしてカムチェーンを外します。

なんとも凄い構造でテンショナー緩めようが何してもチェーンは外れません。


P3020010


腰上だけだったのですがクランクシールも漏れてたのでフルO/Hになりました。


P3020012


P3020011


P3020013


P3020015


シリンダーもボーリングして消耗品をすべて交換します

しかしカムチェーン組む時タイミング間違えて駒をかしめたら大変です。





つづく・・・・・。

エイプ100



エイプ100のエンジンO/Hです。

ピストンのボアを測ると58ミリでしたので

P2230005


これを使います。

武川のピストンです。

P2230003


P2230004


ピストンの寸法を測っていきます。


P2230001


次にシリンダーの寸法も


シリンダーはアルミスリーブのメッキシリンダーでしたのでほとんど

摩耗してません。


ピストンとのクリアランスは0.05でした。



クランクのサイドベアリングを新品にして心出しして

ケース側のベアリングも全て新品にして

P3010007


ケースを組みました。



P3010008


腰上を組んで行きます


P3010011


ヘッドはポート加工をしてバルブを新品にして

シートカットをして擦り合わせました。

P3010001_1


完成です。


クランクの駄目な物を


P3010002_1


分解してみました。

遠心フィルターの蓋を取ると中は金属の粉が大量に溜まってました。



ところで、30年以上使っている


P3010001


バキュームテスターが


P3010002



何度補正してもすぐ狂います。



P3010004



これを買いました。


P3010006



デジタルバキュームテスターです。


次からこれに頑張って貰います。







つづく・・・・・。
ギャラリー
  • KR500
  • KR500
  • KR500
  • KR500
  • KR500
  • KR500
記事検索
タグクラウド