パパの全力疾走

バイク模型製作を趣味で造りながら日常のことを少し書いています。 仕事がら、1/1をやっているのでついここが違うと手を出してしまいます。 自己満足の世界です。

2015年02月

CBX400F

白煙吹いてるので、バイク屋さんに持っていくとキャブが悪いと言われた

車輛の修理の依頼です。

白煙が出ているのになぜキャブなんでしょうか・・・。



プラグがオイルで湿ってます。


P2160073



エンジン開けてみます。


2番シリンダーが・・・。



P2160074



なぜ


P2160075



どうして


P2160077



ピストンも



P2160078



酷い状態に


オーバーサイズのピストンで対応出来る範囲ではないので

スリーブ交換か中古のシリンダーを探してみます。





つづく・・・・・。

Z1R

Z1Rですが、試乗したらエンジンの回転の落ちが悪いです。

少し二次空気吸ってるみたいです。

インシュレーターが


P2120069


駄目でした


P2120070


これが新品


交換して同調取り直して完璧になりました。



前に入ってたTX500のメインスイッチが悪くて再入庫です。


オーナーが予備のスイッチを持っていたので


P2120071


2個とも分解していい部品を使って2個1にしました


P2120072


ワイヤーハーネスのギボシの絶縁チューブの痛んだ所を付け替えて

組み直して出来ました

後はバッテリーの入荷待ちです。




次は2サイクルみたいなCBX400Fの修理です。






つづく・・・・・。





MD90

郵政カブの払い下げのMD90の修理です。

カムチェーンの音が凄くて調整しようとしたら



P2080056



ケース側のネジ山がなめていました。



P2080054



テンショナーのパーツを外して



P2080057



ヘリサート加工します


P2080058



出来ました。


MDのキモのガバナーをチェックしておきます。


P2080059



案の定錆びてガタガタでした


P2080060



カムチェーンとスプロケットは大丈夫です


P2080062



カバーのガスケットが少しずれてここから水が入っていたのでしょう。



Z1Rですが


P2080063



タペットクリアランス調整して


P2080064



P2080066



完成です

キャブレターO/Hの依頼でしたが 追加追加で結構時間掛かりました。










Z1R

Z1Rのブレーキですが、フロントマスターのインナーパーツが

販売終了でした。

P2070049


マスター内径5/8なので同じキャリパーを使っているKZ1000LTDの

マスターのインナーキットを注文してみました。



P2070050



これです。

比べてみます。


P2070051


スチールからアルミに代わってますが


P2070052


サイズはレバーの当たる先端を除けば同寸法でした。


P2070053


リペア―出来ました。


組み付けてエア抜きして完成です。



CBR400FのエンジンのO/Hを頼まれていたのが塗装が上がって来ました。


P2070047



ブラストされているので綺麗に洗浄します


P2070048


オイル通路のメクラ栓も外して完全に洗い流してエアーブローしておきます。


シリンダーのスリーブが


P2060043


塗装の乾燥窯の熱で少し抜けてきています。


P2060044



ストーブを使って


P2060045


シリンダーを膨張させて


P2060046



圧入し直しました。





つづく・・・・・。


ST600

CBR600Rのピストンリングが入荷したので

P2010023


組んでいきます。


ヘッドガスケットは


P2010024


HRCの0.55のキットを使います。


P2010025



ヘッドは先にクリアランスとってたのでサクサク行きます。


P2010026



オイルパンまで組んで


P2010027



エンジン載せて残りを組んで完成させます。




Z1Rですがフロントフォークシールを替えようとしたら


P2020034


右のインナーの摺動部にこんな打痕が


純正は販売終了だったので


P2020038


輸入品のリプロが有りました。


ブレーキ廻りもO/Hしていきます。


P2020029


フロントマスターはこの位置で


P2020030


ワイヤーで作動させるのですが、デザイン優先なのでしょうか。


P2020031



リヤのマスターはロッドの直押しです。


フロントキャリパーはすんなりピストンが外れたのですが


P2020032


リヤキャリパーは内側のピストンが固着して動きません


P2020040


ダストブーツの溝にベアリングプーラーを掛けて抜きました。





つづく・・・・・。



ギャラリー
  • KR500
  • KR500
  • KR500
  • KR500
  • KR500
  • KR500
記事検索
タグクラウド