パパの全力疾走

バイク模型製作を趣味で造りながら日常のことを少し書いています。 仕事がら、1/1をやっているのでついここが違うと手を出してしまいます。 自己満足の世界です。

2014年12月

Z1000R1

今回はこれ


PC210042


タンクとシート写真撮る前に外してしまいました。


まずオイル抜いて


キャブレター外して


PC210044


カム外しました


PC210043


チェックしていきます


今回フルO/Hなのでエンジン下ろします


PC210046



エンジン軽くするため外せるものは全て外します

クラッチ外して


PC210047


ACG側も


PC210048


ヘッド外してシリンダーも


PC210049


ピストンとオイルパン外して下ろしました


PC210050


リヤ側のエンジンマウントボルトが

PC210051



こんなに曲がってました  なぜ・・・。

PC210053


ケースを割ります



BlogPaint


6ミリボルトが1本折れました


BlogPaint


クランクセンターベアリングホルダーの8ミリボルトも


古いクルマはしょうがありません、修正します。





つづく・・・・・。

CB750K1

リヤタイヤも交換して

フロント交換するときブレーキが引きずっていたので

キャリパー外してみます

PC190016


パッドは新品が付いていました


PC190017


パッドがすんなり抜けなくて見てみるとパッドが入る周辺が錆と汚れでガビガビです


PC190019


綺麗にします

PC190020


洗浄して組み上げ完成です

軽く回るようになりました。

このバイク車検も行かないといけないので見ていきます


PC190013


ハンドルロックが硬くて引っ掛かって回りにくいので


PC190014


分解して洗浄し潤滑油を吹いておきます


ヘッドライトはハロゲンが付いてますが光量が足らないといけないので


PC190028


リレーを付けておきます


PC190026


この3Pのカプラーがハーネスをライトケースから抜かないと入りません


ギボシをあまりいじると切れそうなので


PC190024



3Pカプラーばらして通しました


PC190023


元通り組んで


PC190032


出来ました

ライトを止めるビスが


PC190031


6ミリのスプリングワッシャーが付いていたので左の平ワッシャーに替えておきます

本来付けなくてもいいのですが。


エンジンの掛け初め暖まるまでぐずつくのでタペットクリアランス見ます

PC190034



1・4トップにして


PC190033


クリアランス見ます


PC190035


エキゾースト側は少し大きかったのですが

インレット側はかなり小さく0,03のゲージも入らない所がありました


PC190035


全部規定値に合わせます

今の16バルブのシム調整に比べると楽に感じます


PC190038



出来ました

掛け初めのぐずつきもなく気持ち良く回ります


ところで




BlogPaint


車検に行ったらここに領収印がありません

往復3時間かけて納税証明貰いにいきました

確認しなかった自分のせいですが・・・。



私(領収印があるから駄目ですか。)

事務官(ここに印がないと・・・。)

私(いいじゃないの~。)

事務官(だめよ~ ダメダメ。)









つづく・・・・・。


CB750K1


PC170007



CB750K1です

充電してません


PC170002_1



セレンとハーネスのカプラーが溶けてます


6Pのカプラーがなかったので


PC170003_1


4Pを2個使ってACG側とレギュラー側を分けました

セレンを取り付けているステーのアースを



PC170005



取り直して直りました

充電電圧14.9Vでカットです。


プラグが失火してたので交換してたら3番シリンダーのプラグが斜めに1/3ほど締まってました。

修正して交換します。




キャブの同調見ます


PC170008


1番と3番が少しずれてます



PC170009


4番をもう少し合わせます



ポイント調整して


PC170012


前タイヤ交換して今日はここまでです。







つづく・・・。


ニンジャ6R

ヘッド廻りからの異音です。

PC100003


サンデーレースに使っている6R。



PC100004



ヘッドカバーを開けていきます


PC100005



カム廻りは異常は見られません


音からするとカムチェーン関係みたいな感じだったので



PC160002



テンショナースリッパ―を外してチェックします


PC160004



結構偏摩耗しています


PC160005


こっちも


PC160007



新品組んで


PC160009



パレスローター締めて


ヘッド組み直してタペットクリアランス確認して



PC160011


完成です


異音は止まりました。





1/12の方は



PC100002



エンジン組んで


PC130001


少しだけパイピングをしておきます


PC170002


これぐらいで止めときます

カウル付けるとほとんど見えません



PC170003



接着できるとこまで組んだらファンデーションピンクを吹いてブースへ。









つづく・・・・・。










水冷オイルクーラー

これ

PC140004


何かと言うと


PC140006



CB1300SFの輸出用の水冷式オイルクーラーです


’06のCB1300のフルパワー化とオイルクーラーの取り付けを依頼されました。


PC140008


ファンネルを輸出仕様に替えコンピューターの配線いじって

エアクリーナーカバーとスパークアドバンサーはTSRさんのパーツを使いました。


オイルクーラーは



PC140010


オイルフィルターの取り付け用の


PC140013


このパーツを外して


PC140014


クーラーを取り付けます


ウオーターポンプのカバーを


PC140015



外して



PC140017



下のパーツに交換します


エンジンの前側のパーツも


PC140018


左側のカバーに替えてホースを取り付け、冷却水を入れエア抜きして完成です。







1/12も少しずつ進んでいます。







つづく・・・・・。

ギャラリー
  • KR500
  • KR500
  • KR500
  • KR500
  • KR500
  • KR500
記事検索
タグクラウド