パパの全力疾走

バイク模型製作を趣味で造りながら日常のことを少し書いています。 仕事がら、1/1をやっているのでついここが違うと手を出してしまいます。 自己満足の世界です。

2014年10月

TX500

TX500のキャブのパッキン類が手持ちのCB500の物が合いました。

フロートチャンバーの取り付けビスのネジ山がすべてなめて薄いナットを噛ましてたので、


PA300002


ヘリサート加工します。

ボディーの材質が柔らかいので下穴なしでもタップ加工できます。

PA300004


ヘリサート入れて


PA300003


8か所出来ました


PA300005


トップキャップもなめかけてたのでこれもヘリサートいれて



PA300006



キャブは完成です

絶好調になりました。



ハンドルをノーマルに交換しますが、なんと・・・。




PA300007



ギボシがカプラーに代わってます。

こんなんハンドルパイプにとおらんでしょう。

組んだ後から加工したみたい


PA300011


カプラー外してやります


純正ハンドルに通す前に

PA300013


クラッチホルダーを先に取り付けて



PA300014



スイッチの配線通してカプラー取り付けました。


PA300015


アクセルワイヤーの取り回しが違ってます。


フロントフォークをO/Hするのでその時に直します。




CB500の赤のバンジョウボルトを


PA300017


目立たないようにシルバーに塗りました。




今週の日曜日に阿蘇の瀬の本でのミーティングに誘われているのですが

天気が・・・。






1/3が進んでません。


つづく・・・・・。

1/3・・・?

これ。



PA290001


1/3スケールの模型


キックを下ろすとクランキングしてバルブが動きます

ついでにプラグも光ります。


PA290002


駆動モーターとクランク

ざっと仮組していきます。





CB500ですが


PA290004



マスターがきました

オークッションで買った5/8サイズのダブルディスク用

なんかカワサキ系のデザインです。


PA290003


ホースもオークションで買いました

ホースだけ探していたのですが、キャリパーもセットで安かったので落としました

これが当たりで手持ちのキャリパーより状態が良く、パッドもほぼ新品でした。




PA290005


ダブルのバンジョウボルトの手持ちのスチールがなくアールズの赤です。

目立たないように後で色塗っておきます。


試乗したら満足のブレーキ性能です。





ビモータの部品待ちの間

PA290006


これの依頼



PA290009


TX500です。

エンジンが片肺で左が燃えてません

良い火花あります。良い圧縮あります。良い混合気・・・。



ありません。




PA290010



キャブレターを分解清掃していきますが、

パーツが・・・。









つづく・・・・・。

ビモータ

タンクを外して中を見ると、

PA280056


ボロボロになった防爆スポンジが・・・。



スポンジの粉が錆と一緒にコックの所に固まってました。


PA280058


よく見えなくて御免なさい。



PA280057



錆を落としてコーティングします。



キャブを


PA280059



エアークリーナーボックスを外して





PA280061


外しました。


このバイクスペースが広くてやり易いです。


PA280060


細かい錆が溜まってました。

ジェット類も外して綺麗にし

ガスケットはまだ使えそうなのでこのまま組みます。




メーターが振れるようなのでまずケーブルを替えてみたいのですが

何の車種の流用か分かりません。


タコはケーブルにホンダの中番があったので分かったのですが

スピードはスズキかカワサキの物のようです。

現物もってバイクや廻ってみます。







つづく・・・・・。











CB500F

やる気がでたので


PA250035


上側のステーがフェンダーステーに少し干渉してたので削って仮付けすると


PA250036



すんなり付きました。

クリアランスもばっちりでボトムケースの加工もシムもカラーも要りませんでした。

スピードメーターギヤのリテーナーも加工して、ローターのボルトも付けました。


PA250037



左側とほぼセンターは一緒



後はホースとマスターです。







こんなバイクが



PA270050



入りました。


PA270049


エンジンはCB1100Rみたいです。



PA270051



ビモータ 1100


ツーリング中、高速道路で調子が悪くなり最後にはエンジンがかからなくなったそうです。


タンクとシートカバーを


PA270052


外して、置き場がないので取り敢えず車のシートを倒して



PA270054



火は飛んでます、圧縮もあります、燃料は・・・。


来ていません。


PA270053



見ていくとガソリンコックのストレーナーキャップを外すと



PA270038



中、ごみだらけ。


PA270045



ストレーナーは完全にアウト。


PA270046


これじゃーガソリン流れません。


タンクの清掃とキャブのO/Hです。



ビモータの引き取りついでにオークッションで買った


PA270055


これを取りにいきました


一機あると何かと便利なので。










1/12ですが、NSRのカウルをやらなきゃならないのですが

他に作りたいものが・・・。






つづく・・・・・。








CB500F

これがありました。


PA240014


パッキン紙です。


PA240015


クラッチカバーを外します


PA240016


この年代のパーツはいかにも機械ではなく、人が作った雰囲気がします


クラッチ外してシフトスピンドルを確認したらドラムとの当たりが悪いです


PA240017


少し曲がっています


PA240020


この部分も



PA240024


リューターで研ぎあげて


PA240026



スピンドルの当たるとこ、全て研ぎあげました。


PA240028


パッキンをコピーして


PA240030


出来ました。




試乗したら。


まだ、シフトは少し硬いのですがペダルの引っ掛かりは直りました。


ブレーキが効かないので

ブレーキをダブルディスクにしたいのですが、500には右のボトムケースにキャリパーステーの

取り付けボスがないので中番341のCB750のボトムケースに替えました。


PA240031



右を変えたら、左と質感が違うので


PA240033


PA240034


左右替えました。


あとはやる気次第です。





つづく・・・・・。

ギャラリー
  • プライマリーケース
  • プライマリーケース
  • プライマリーケース
  • プライマリーケース
  • プライマリーケース
  • オーバーフロー
記事検索
タグクラウド