パパの全力疾走

バイク模型製作を趣味で造りながら日常のことを少し書いています。 仕事がら、1/1をやっているのでついここが違うと手を出してしまいます。 自己満足の世界です。

2013年12月

フロントフォーク

フロントフォークのインナーチューブがキットではアルミの挽き物です。

011
気に入らないのでメッキパイプに替えます


004
まず、ステムを半田付して組み立てておきます。


006
ヤスリで仕上げました。

インナーチューブの径の3,4ミリの穴も開けました。



007
トップブリッジも同様に



008
ハンドルも加工します。


009
いきなりドリルの径の大きめで無理したら折れたので洋白線で補強します


010
インナーチューブがボトムケースから抜けないように加工します。


ボトムの内径が4ミリなので4ミリのアルミパイプを加工します。



013
内径を3,4ミリにします。


014
それをカットして



012
インナーに嵌めて瞬着で止めました



016
加工前と加工後です。

こっちのほうが組みやすいし強度もあります。







つづく・・・・・。

リヤアクスル

ホイルを組みます。

001
コムスターのプレートをホイルリムに止めるボルトのモールドを削り取って、

1ミリの穴を開けて

セミグロスブラックを吹きました。

011
アドラーの真鍮ボルトを半田メッキして0.8ミリの銅パイプを差し込んで、

キットのエッチングのワッシャーを挟んで組みました。

内側のボルトは筆塗してます


010
反対側のナットはブルーのアルマイト風に。

スプロケットホルダーはもう少し綺麗に仕上げれば良かったです

まあ、スプロケットを組めば見えませんけど。




012
フロントホイルです



013
反対側


しかし デジカメで撮ると粗が見えます、肉眼のルーペ越しではさして気にならなかったのですが。


まあ、良しとします。


キットのリヤアクスルは少し違うので作ります


003
実物のアクスルです



002
この 3種類のパイプを使います



004
1,4ミリのパイプに2ミリと3ミリのパイプを組み合わせて



009
半田付けして削ります

内側にもう一度半田を流して仕上げます



015
出来ました。

塗装で仕上げるか、半田メッキで仕上げるか迷います。






つづく・・・・・。
ギャラリー
  • KR500
  • KR500
  • KR500
  • KR500
  • KR500
  • KR500
記事検索
タグクラウド