パパの全力疾走

バイク模型製作を趣味で造りながら日常のことを少し書いています。 仕事がら、1/1をやっているのでついここが違うと手を出してしまいます。 自己満足の世界です。

2013年11月

自立

フロントフェンダーが出来たのでフロント廻りを組みます。

001
これを組んでいきます。


002
キャリパーのバンジョウをヒロのパーツを使いました。

ちょっとオーバースケールですが、雰囲気はでてます。

他のカウルの研ぎ出しはまだ終わってません。




少し小物を作ります。

016
ヒロのNSRのエンジン側のチェンジアームです。

二枚合わせて半田付けした後曲げてたら折れました。

これは自作します

017
0,2ミリの洋白帯を二枚半田付けしてチェンジシャフトの穴をあけます。



018
折れたパーツから寸法をとりマーキングしてロッド側にも穴をあけます。

外見も真似して削って


019
曲げて完成です。

エッチングを半田付けして折り曲げると折れ易いです。










つづく・・・・・。

半田付け

クリヤーが乾く間、HIROさんのNSRをやります。

フロントブレーキローターを三枚合わせて半田付けして

フローティグピンを


001
半田で付けます

002
六個付けていきます。


付けました


はみ出た半田を


004
これを使って吸い取ります

003
綺麗になりました


005
もう一個作ります


真鍮ブラシとスポンジヤスリで仕上げて


006
完成です

インナーと合わせてみました。


ステップホルダーです。

012
エッチング三枚合わせてアルミクリップで固定します



013
フラックスを合わせ面に染みこませて半田を溶かし込みます

余分な半田を吸い取り磨いて完成です。










カウルに戻ります。


二回めのクリヤーを吹こうとしたら

009
デカールのエアー噛みが見つかりました。

010
0,3ミリの虫ピンをピンバイスにセットしてエア抜きします


011
境目が完全には取れませんでした。


二度目のクリヤーを吹いていきます。






話が変わりますがHIROさんのフェラーリのキットがなぜかなくなるみたいで

全部のフェラーリのキットをセールしてました。

四輪はまだ作るつもりはなっかたのですが、今買わないとなくなるみたいな

危機感から作りもしないのに


007
これ、買っちゃいました。

今月、予想外の出費です。

デカールだけ保存袋にいれて積んどきます。





もう少しでカウルも完成です。





つづく・・・・・。




デカール

残りのデカールを貼っていきます。

指定の場所にマークフィットと綿棒で密着させて、曲面は綿棒に水を

含ませ、熱した半田ごてに当てて温めて貼りました。

015
スクリーンは

001
デカールを貼らず塗装します。

まず、ライン決めのマスキングをして

002
全体をマスキングしたら、スポンジヤスリで足付けします。

これにピュアレッドを吹いて、


005
アッパーカウルに仮組します。


006
ゼッケンを貼ってカウルの境目をカッターで切ります。

後はクリヤーです。

一回目のクリヤー吹いてチェックしてたら

017
タンクのエア抜きを忘れてました。


016
これです。


018
塗りました。

後で接着します。

タンクキャップを付けてみたらなんと。


019
隙間があきます。

ここは仮組してなくて見落としてました。

つじつま合わせします。

020
0,5ミリのプラ板でキャップを一回り大きくしました。

021
これを加工して使います。

仮組サボると後の作業がたいへんです。


ホイルを変えるのでブレーキローターを塗ります。


003
ローターのパットお当たり面を塗った後マスキングして

インナーのセミグロスブラックを吹きます。

004
乾いたら、インナーに水で薄めたマスキングゾルを面相筆で塗っていきます。


固まってきたら

007
メタリックグレーを吹いて暫く乾燥させます。

塗装が乾いたら

008
マスキングテープを剥いで、それを


009
水につけます。


010
10分ほどしたら大きめの先の固い筆でマスキングゾルを落としていきます。


011
途中水を入れ替え落としていきます。


012
落ちました。



013
フローティングピンとボルトの頭を塗って完成です。


014
黒のホイルを使います。


後、一番嫌なカウルの研ぎ出しが待ってます。






つづく・・・・・。





ギャラリー
  • KR500
  • KR500
  • KR500
  • KR500
  • KR500
  • KR500
記事検索
タグクラウド