パパの全力疾走

バイク模型製作を趣味で造りながら日常のことを少し書いています。 仕事がら、1/1をやっているのでついここが違うと手を出してしまいます。 自己満足の世界です。

2013年06月

NSR 98’

カウルのマスキングの準備が出来るまで98’のエンジンをやります。

このキット、ラムエアーボックスが一体となったエンジンです

まずシリンダーの少し暗めのシルバーを吹いて


001














シリンダーをマスキングしてセミグロスブラックをキャブボックスに吹きました






002














マスキングを剥がし







003














クランクケースを残してマスキング







004














メタリックグレーを吹いて







005














少し乾燥させてマスキングテープを剥がします。







ここで時間切れ

次はカウルをやらないと・・・。







つづく・・・・・。


























NSR

カウルにピュアホワイトを塗ってベースが出来ました。

001















デカールをコピーして







003















切り抜きます







004















これをカウルにテープで位置決めしました。





005





















006














これを基準にマスキングしていきます。








タンクをやり始めたら忘れ物に気づきました。


これ

007















エア抜きのワンウエイバルブです


最後に接着してもいいのですが、下側の方はカラーリングラインの境界が来るので先にタンクに接着します。



008















パーティングラインを取り真ん中に0.5ミリの穴を開け洋白線を通してタンクの部分とワンウエイバルブを切り取ります。



009















それをタンクに接着しました。もう一度下地のやり直しです。





010















上のバルブを付けるとこんなかんじです。






なかなか進みません・・・・・。






つづく・・・・・。























































NSR

ステダンのフォーク側のステーが出来ました。

001




























002



























虫ピンで仮止めしてみました



スクリーンのゲート後を修正します。

003















カッターでカットして1200番のペーパーで整えて




004















荒目のコンパウンドで磨きます

順番にコンパウンドの目を小さくして行きます。



006















やっと、カウルの下地が出来ました。サフェの上からファンデーションホワイトを吹いて乾燥機に入れときます。




いつもカウルが最後になるので、98のカウルは先に下準備をしておきます。


002
















キットのアンダーとアッパーは真ん中のダボで止まるのですが、

アンダーとアッパーの取り付けはマイナスビスで取り付けたいので、



006















アンダーの穴に伸ばしライナーを差し込んで接着します。




固まったら余分をカットしてサフェを吹いときます。



アッパーと位置決めして


009















0.5ミリの穴をあけ






010















虫ピンで仮止めしました。






011














アッパーの取り付けビスのモールドも削ってビスに置き換えます。












つづく・・・・・。







































































小物パーツ続き

ステアリングダンパーを可動式にしました。

001















シャフトに虫ピンを使ってます。





003
















フロントフォークに取り付けステーがなく、

フレームに接着して終わりなのですが、


せっかく動く様にしたのでステーを作ります。


002














プラ板にインナーチューブの径の穴を開けて、これを加工します。







今日は時間がなくここまでです。





つづく・・・・。
































NSR 小物パーツ

カウル関係はパテ当てて下地を作っています。

その間に小物を作ります。

002















グリップに滑り止めのワイヤーリングをしました。

バーエンドに色を塗るより白いプラ棒でバーエンドを作ります。

003















プラ棒を炙って伸ばし2ミリ径の所を使って先端を丸めます。


カッターでカットして


004















0,5ミリのピンバイスで穴を開けて洋白線を差し込み接着します。




005















それをハンドルエンドに付けて出来ました。

塗るよりそれらしいです。



メーターパネルに


001















デカール貼って1日乾かします






完全に乾いたら


009















上から透明の紫外線硬化ジェルをたらします。





010















硬化しました


パネル止めのピンは虫ピンに置き換えてます。



さて 一番苦手な外装です・・・。

がんばろうー。








つづく・・・・・。

















ギャラリー
  • KR500
  • KR500
  • KR500
  • KR500
  • KR500
  • KR500
記事検索
タグクラウド