パパの全力疾走

バイク模型製作を趣味で造りながら日常のことを少し書いています。 仕事がら、1/1をやっているのでついここが違うと手を出してしまいます。 自己満足の世界です。

2013年02月

NRとNSR

NRのカウルです。

クリヤーが固まったのでもう一度研ぎ出します。

015















シートカウルから






016















これで段差は消えました、

残りのカウルも研ぎ出し、



043















クリヤーを吹きました。





044




















045




















046




















047















乾燥機に入れて固まったら、最後の仕上げをします。





NSRです。

010















チャンバーをグロスブラックでテカテカに塗って、





011















乾いたら、クレオスのメッキネクストを吹きます。






013















これで乾燥器に入れて乾かします。





乾く間に


018















ガソリンタンクをアルミ見たいに塗りました。

84のNSRはタンクが下で、チャンバーが上です。

重心を下げる為こうしたそうですが、

新しいものに挑戦するホンダの技術者の拘りでしょうか。



サイレンサーです。

022















サフェ塗って、グロスブラック塗って、メッキネクスト吹きました。




025















バンドのところをマスキングして、サイレンサーをアルミ色に塗ります。





026















塗りました。





マスキングを剥ぎます。

ここから悲劇が始まります。

027















付け根の窪みのとこがテープに持っていかれました。




補修します。


028















バンドのところを残してマスキングし、メッキネクストをふきます。




マスキングを剥がすと

029















今度はこっちが持っていかれました。






お風呂に入れます。


030















シンナー風呂です。

熱くなくてものぼせます。



031















きれいになりました。




下地からやり直します。

今度はプラサフに少しマルチプライマーを混ぜて

033















吹きました。





053















スポンジペーパーを当てて






054














グロスブラックを吹きます。

暫く乾燥です。





チャンバーが乾いたので

034















仮付けしてみます。

また変な気が起こりました。



035















バネ付けます。






036















0,4ミリの穴を開け








037















フックを付けて





038















バネ付けます。








041






















042















4本付けました。






フック廻りを塗装し直して

049















資料見ながらクリヤー系の色で焼け色を付けていきます






050















上からどんどん色をかぶせて







051






















052















完成です。











つづく・・・・・。











































































































































NSR500

今日はリヤブレーキホースを作ります。

キットのホースは黒いビニールチューブですが

本当はメッシュホースにスパイラルチューブを巻いています。

透明の細い収縮チューブを伸ばして中に0,5ミリの銅線を入れ

画像 009
















カッターで螺旋状にカットします。



切れてる所と切れてない所が出来て上手く行きません

方法をかえます。



ホースに使う0.5ミリのステンワイヤーに直接収縮チューブを被せ

チューブの両端をひっぱて伸ばしました

画像 011
















ワイヤーの先端がほつれないように







画像 012
















半田を流し込んでおきます。

このチューブにさっきみたいにカッターで螺旋に切り口をいれます。

これであとで巻き替えないですみます。

画像 013
















組んでみました。

それっぽいです。




画像 014
















チャンバーにサフェーサー吹いて表面を均してグロスブラックを吹きます。



画像 016
















ボトムケースカバーにデカール貼りました

乾いたら上から半つやクリヤーを吹きます。




おっと出勤時間です。









つづく・・・・・。






























NSR500

今日もNSRです。

昨日、作ったロッドの幅が広かったので作りかえました。

002















少し細くして両端に取り付け穴をつけました。





003















仮付けしてみます。







リヤアクスルも

004















ナットで固定できるようにします

ねじの分だけパイプをカットして半田付けします。




005















こんな感じになります。





006















反対側です。






007















もう一枚。





フロントも仮組します。

011















フロントアクスルはそのまま差し込みます。




012















リヤスタンドを付けてみました。

まだ塗装してません。





013
















斜め上から





014
















見たとこです。











つづく・・・・・。




























NSR500

まだNRはサボってます。

クリヤー厚めに吹いたのでまだ乾燥機にいれてます。

NSRをやります。

リヤサスが出来たのでスイングアームとフレームに取り付けます。

022

















リヤキャリパーのトルクロッドを取り付けようとしたら

ロッドが見当たりません。

仮組みの時はあったのですが・・・。

かなり探したのですがありません。

しょうがない、

作ります・・・。





画像 001

















洋白板の1,2ミリ幅の0,1ミリ厚を適当な長さに二枚切り取って





画像 002
















クリップで挟んで






画像 003
















フラックス塗って半田付けします。






画像 005
















リブをつけます。

0,5ミリの洋白線で挟み半田付けしそれらしく。



画像 007
















水洗いしてフラックスを洗い流します。






画像 008














リブの洋白線をヤスリで整え

両端をカットして取り合えずロッドは出来ました

ロッドエンドをどうしようか考えてます。















つづく・・・・・。











NSR500

NSRの続きです。

リヤサスを組みます。


001




















これを合体すればいいのですが、

スプリングが

002




















座面がでていません。

004




















削りました。



組み付けます。

010




















削らなくてもいいのですが

なんか気になって。


ホイルのアクスルシャフトを作ります。

タミヤのキットは昔からビス止めなので

見えないとこはいいのですがアクスルは丸見えです。


まずこれを、


005





















006




















適当にカットして


008




















1,4ミリで穴を開けます。

それを、


009




















整形して1,4ミリのパイプに差し込みます。

これでナット側は出来ました。

アクスル側です、本物はこうなっています。

020




















で、こうしました。


021




















まず、2ミリのライナーに


013




















1,4ミリの穴をピンバイスで、


015





















開けて

017




















ある程度形を作ってカットします。


それをパイプに差し込んで


018





















整形しました。


仮組してナットを差し込み

022





















完成。



後で色を塗っときます。


フロント廻りです。

025




















仮組してたら


028




















ナットのモールドが気になったのですべて切飛ばしました。


そこに穴を開けボルトを差し込みました。

035





















組んでみます、

040





















041





















ステダンのステーにも

042




















穴を開け、

044






















差し込みました。












そろそろNRをやらねば















つづく・・・・・。















ギャラリー
  • KR500
  • KR500
  • KR500
  • KR500
  • KR500
  • KR500
記事検索
タグクラウド