リヤスタンドです。



画像 006



スタンド本体にエッチングのステーを

はんだ付けして、プラサフ吹いてます。

キットのローラーはホワイトメタルだったので、

ミニチョロQのタイヤに変えます。

ちょっと径が大きいですが、これでいきます。

ローラーが回転するように、車軸の穴を1,4ミリ開けて

パイプのカラーを入れます。



画像 007



それを、1ミリのマイクロボルト、ナットで取り付けます。



画像 009




後は、もう一度ばらしてペイントします。




ステダンです。


画像 008




ロッドは洋白棒に変えてます。

キットはホワイトメタルですぐ曲がるし、らしくなっかたので。
                                   


フレームの塗装が終わったので、ラジエターのパイピングをします。




画像 003


ここで、問題発生 
            


なんと、仮組みでは組めたのに、ホースがフレームの穴に通りません
                                           


理由はエッチングのホースバンドを仮組みの時付けていませんでした。

ホースバンド分、径が太くなってました。

フレームの穴を削ります
                 



            

画像 005



削ったあと、タッチアップして何とかクリヤー
                                                       


 
フレームとエンジンを固定するボルトを取り付けます。




画像 010






一本づつ差し込んで、裏から瞬着で止めます。




画像 011




両面完成です。
         
出ているコードはフロントバンクの

イグニッションコイルの配線です。
                     





つづく・・・・・。