パパの全力疾走

バイク模型製作を趣味で造りながら日常のことを少し書いています。 仕事がら、1/1をやっているのでついここが違うと手を出してしまいます。 自己満足の世界です。

H2R

先日、オートポリスで九州ロードレースがあったので行って来ました。

カワサキのチームのテントにこれが。


P8230004


H2Rです。

P8230010


ナンバー取れません。


P8230005


マフラーほぼ直管です。

P8230007



このコーションマーク。


雨が降ったら乗るなとか、タイヤウォーマー巻けとか・・・。


この車輛買うと、前後のスタンドとウォーマーが付いてくるそう。


P8230009


ドライカーボンの塊です。

P8230006



スーパーチャージャー


P8230008


タービンです。


ナンバー取れるH2が200万超

このH2Rは税込540万だそうです。



キー借りてエンジン掛けさせて貰いました。







ところでRC42の修理でホンダのパーツを注文したら

P8130001


3個頼んだ部品のうち

2個が違う部品が入ってました。

部品課は検品が大変です。







つづく・・・・・。





GT380

GT380のボーリングとクランクシャフトの組み替え心出しが出来ました。


P8020094


シリンダーのヘッド側のスタッドボルトを外す時

シリンダーのネジ山を何か所か痛めたのでヘリサート加工して

新品のスタッドボルトに替えました。


P8020095


綺麗に洗浄しておきます。



P8020096

出来上がってきたクランクです。


スズキはまだクランク廻りのパーツが出ます。

ホンダも頑張って欲しいです。


P7010005


クランクのポイント側の駆動ギヤの合マークを合わせます

これはまだ合わせてません。


P7010011


キックのストッパーギヤを合わせて


Rカバーのポイントシャフトの位置を合わせて組んでいきます。


P7010004


オイルパイプが一か所破れてオイルが漏れていたので収縮チューブで

補修しておきました。

さすがに新品のパーツは有りませんでした。



P8040098


完成です。


あと、梱包してオーナーに発送します。









今回は資料があまりなく、スズキのサービスの知り合いにお世話になりました。

有難う御座います、またお願いします。








つづく・・・・・。



グロム

鈴鹿から帰ってきたら、早速仕事の依頼です。


グロムのエンジンです。


P7300077


武川のほぼフルキットです。


P7300074


走行距離の少ない1000キロ以下のエンジンです。


P7300075


ノーマルのヘッドとシリンダーは使いません。


P7300076


ヘッドは4バルブ

新品のヘッドのバルブは擦り合わせをしてないので一度ばらして

擦り合わせをします。

新車のエンジンもメーカーでは擦り合わせはしてません。


P7300078



クランクのサイドベアリングを交換して心出しをして

P7300079


ミッションも5速クロスに


オーナーは壊れないエンジンに・・・。


この排気量で・・・?。


あまり回さないで乗って下さい。としか言えません。

無理でしょうが。










ギャラリー
  • H2R
  • H2R
  • H2R
  • H2R
  • H2R
  • H2R
記事検索
タグクラウド