パパの全力疾走

バイク模型製作を趣味で造りながら日常のことを少し書いています。 仕事がら、1/1をやっているのでついここが違うと手を出してしまいます。 自己満足の世界です。

NSR500

メーター廻りを組んでいきます。


その前にフロントのブレーキホースを


P9200004


スパイラルチューブを巻いた様にして


P9200005


P9200006


取り付けました。

P9200007


配線に収縮チューブを通して線香で炙りながら


P9200008


まとめていきます

P9200009


タコメーターの配線を組んで

P9200010


ここから車体に


P9210012


取り付け

P9210013


車体側のハーネスとつないで水温計の配管をして


P9210014


この当時の水温計は機械式の膨張式です。

P9210015


いい感じです


P9210016


P9210017


残りのパイピングをして

P9210018


P9210019


とりあえず車体は完成です。



あとはカウルです。








つづく・・・・・。

NSR500

ステムを締めているネジが

P9170002


なめました。

ステム側を

P9170003


加工します

P9170004


ここを加工して


P9170008


このナットを


P9170009


埋め込みます

ナットのネジの径が1,7でシャフトのネジ径が1.6だったので

シャフトのネジ部分に半田を流して合わせました。


P9170011


これでガッチリ固定できます。


P9170012


メーターの塗装ができたのでデカール貼りました。


P9170016


作っておいたビスの頭を塗装してカットして取り付けます


P9180017


先にメーターのガラス部分に紫外線硬化ジェルを流しておきます


P9180019


ジェルが固まったらビスを取り付けます



P9180020


ステーに組みました


P9180021


裏側です


P9190002


配線をやっていきます。



P9190003


ステーに収縮チューブの輪切りをタイラップの代わりに通しておきます










話はかわりますがCL350のオーバーサイズピストンが届きました。


P9180023


何か違います。


ピストンヘッドの形状が違います

ボアも測ると71ミリあります。



P9180001


リングの品番を見ると中番がCB450の物です。


すぐ連絡をとってみると、梱包間違いだったようですぐ350用を送る手配をしてくれました。






つづく・・・・・。






NSR500

ステップ廻りです


P9130016


ブレーキ側のステップを取り付けてマスターのロッドのピロボールは

銅パイプとアルミパイプで作りました。


P9150025


ブレーキホースとリザーバータンクを取り付けて完成です


P9130017


チェンジ側もピロボール作って出来ました。



P9140018



メーター廻りです


P9140020



メーターパネルを取り付けるプラスのビスの塗り分けが難しそうなので


ビスを作って後付けします


P9140021


頭の3ミリの真鍮の釘です



リューターにセットして頭を1,8ミリに削ります


P9140022


そこにプラスの溝を掘って



P9140023


半田メッキしました


P9140024


メーターパネルのビスのセンターに印を付けてモールドを削り取ります








つづく・・・・・。




ギャラリー
  • NSR500
  • NSR500
  • NSR500
  • NSR500
  • NSR500
  • NSR500
記事検索
タグクラウド